ベルリッツ子供英会話は、年齢に応じた英語力を自然に身につけ自信につなげていく!

MENU

ベルリッツ子供英会話は、本気で子供の年齢に合ったに英語力をつけさせたい!

 

 

ベルリッツの子供英語教室・子供英会話 ベルリッツ・キッズは

 

 

幼稚園・保育園から、小学校低学年(4歳〜7歳)向けに英会話教室や、ネットを通してオンラインで学べます。

 

 

 

見てると子供が英語を学ぶために、ベルリッツ子供英会話教室は、本気で子供に英語力をつけさせる環境づくりをしている感じ。

 

 

 

実際の教室でも、インターネットを通したオンライン教室でも。

 

 

子供向けの英会話は、普通の習い事と同じように、4歳から小学6年生でも普通に。

 

ベルリッツキッズ

 

 

例えば大人。

 

 

 

何か文章を英語で表現しようとすると、ひょっとして、一度、日本語に直してから英語に翻訳していませんか?

 

 

大人の私自身はそうしていました。汗;

 

 

短い英単語そのものは、そうではないかもしれませんね。

 

 

 

英会話や英語のリスニング。(英語を聞いているとき)

 

 

大人の方。日本語に訳す時、最初文を後戻りして日本語に訳し

 

 

また先頭に戻って主語を見つけて日本語に訳してませんか?

 

 

大人の私自身は、文の途中を訳して、そのまま先頭に戻り和訳して・・・汗。

 

 

 

でも、子供たちはそうするより、直感的に英語を普通に感じ、発し表現します。

 

 

 

スマホと同様に慣れがそうさせているのですね。

 

 

 

小さい頃の子供の英語は、一度学習した英語を、直感した言葉を発して英語にしたりします。

 

 

一回一回、立ち止まって、その都度、日本語を考えてから英語に変換しないで、直感的に英語を話していきます。

 

 

 

それが大人と子供の英語を使う英語脳の違いでしょうか。

 

 

 

大人でも、英語の文章に変換する際に、本来、ベストなカタチは、日本語に逐一訳さず、また変換しないで直接英語で表現できるのがいいわけです。

 

 

 

子供が英語を学ぶ、他言語を学ぶタイミングは小さい頃のほうが、やはり英語脳の力が柔軟に吸収します。
↓    ↓
ベルリッツキッズ

 

 

 

なぜなら、ベルリッツ子供英会話は、子供たちと一緒に英語を使い、まるで外国のネイティブの家庭環境で育ったように接し、子供の英語力をつける英語脳を作っているとも言えます。

 

 

リンゴでも、一度日本語の「リンゴ」に訳したりイメージして、それをAppleに変換しませんか?

 

 

子供たちなら、すぐさま反応して『アポー』ですね。

 

 

さらにメリットは、小さな子供の時に英語力が身につけば、子供にとっても大きな自信がつき、それがやがて他の教科の習得のしやすさにもつながる可能性もあるわけです。

 

 

 

子供にとって自信はとても大きなものです。

 

 

 

自信をつける!

 

 

 

それは、英語脳が発達するのに合わせて英語力がアップする技能も、自然だといえます。

 

 

 

では、子供英会話のベルリッツキッズはどんなコースがあるのでしょうか?

 

 

 

幼稚園・保育園の4歳から小学生の低学年向け英会話

 

 

 

小学3年生から小学6年生向けの英会話が学べます。

 

 

 

それぞれの年齢や小学生の学年に合わせて英会話を学べるレッスンがあります。

 

 

ベルリッツには、4歳から7歳向けの英語である幼稚園・保育園から小学生の英会話レッスンがあり

 

 

低学年向けの英会話コースでは、楽しく英語が学べる環境が揃っています。

 

 

 

同時に子供たちにとっては、英語は楽しいものだと分かって吸収していきます。

 

 

 

大人のように構えて英語を学ぶのではなく、何か楽しい言葉の遊びと感じてもらえるような環境を揃えているわけですね。

 

 

新型コロナの時代にマッチしたオンラインの最大3名の少人数グループレッスンと、オンラインの講師1人受講生1人のマンツーマンレッスンが用意されています。

 

 

 

日本語で話さず、まるで外国の家庭の環境にいるかのように、英語で全部を話していくため、自然と英語の力が育っていくカタチでしょうか。

 

 

 

児童の脳の発達を理解した外国人講師が、レッスンを形作っていきます。

 

 

 

できるだけ文章で英語が話せるようにサポートしていき、英語の自然脳を作っていく環境を整えているのですね。

 

 

 

英語脳を作るように反復練習もしながら、自然に英語の定着を図っていきます。
↓    ↓
ベルリッツキッズ

 

 

 

ベルリッツの小学生(小学3年生〜小学6年生)向け英会話コース

 

 

 

年齢では、8歳から11歳向けコースにあたります。

 

 

 

今や小学生から英語の教育がスタートして学校での英語の英会話の比重が高まっています。

 

 

 

ひょっとしたら英語を簡単に考えてはいませんか?

 

 

 

中学生になってから英語を学ぶのでも充分だと思っていませんか?

 

 

 

でも、小さいころからそうした環境があれば学ばせたい、しかも外国の先生が教える正しい発音や子供たちに合う本当の英語。

 

 

 

このコースの英会話は小学生など低学年から英語のを作れる環境を整え、それに対応したカリキュラムやレッスンなど受ける環境が整っています。

 

 

 

その環境を利用して、ベルリッツの小学生3年生から6年生向けのコースでは正確な発音を身に付け、英語で自分の考えを表現して外国の人と自然にやり取りできるような会話力や言語を身に付ける英語脳づくりを目指しているのですね。

 

 

 

発音ひとつとっても、子供にとって、うらやましい限りの環境です。

 

 

 

英語脳に定着度を深めて、低学年である小学校から英語を親しみ、さらにその先を学ぶことで、中学生に入学した後も、引き続き発達させる脳の環境をさらに作っていきます。

 

 

 

大人になって大変な思いをする文法も自然に身につけられ、英語を読むだけでなく書いたりする力もベルリッツの小学生向け英会話コースでは、そうした習得を可能にしているわけです。
↓    ↓
ベルリッツキッズ

 

幼稚園・保育園から小学校まで、子供向けの英会話のメリットやデメリットは?

 

 

 

低学年の英会話をのデメリットは、そんなに早くから英語を勉強しなくても良いのではないの?といった、環境の見方が場合によってはあるかもしれません。

 

 

 

中学生になってからで充分ではないの?みたいな。

 

 

 

子供たちにとって、大人以上に言語の吸収はスポンジのように早く、柔軟に対応していきます。

 

 

 

英語と日本語を学ぶ、それは算数と理科の教科を学ぶ感じに似ているでしょうか。

 

 

 

抵抗なく、構えて学習する感覚ではなく、楽しみながら抵抗なく学べて、それでいて切り替えも早い。

 

 

 

では、低学年の低学年向けの英会話のメリットは何でしょうか?

 

 

 

それは外国の子供たちと同じように、小さい時から英語に慣れ親しみ、英語脳が形作られている時期に英語を習得、体感できるスキルでしょうか。これが最も大きなメリットの1つになります。

 

 

 

例えば1回1回、日本語に直さず直接英語でイメージして話せるようになる?

 

 

 

英語の発音が変な癖で独特に身についてしまったり、日本人の英語の発音に流されず、小さい頃から外国の先生の発音を直接耳で聞けるチャンスがあるメリットです。

 

 

 

この発音1つとっても、ずいぶん大きなメリットを子供たちが受けられます。

 

 

 

これも、うらやましい限り!

 

 

 

それは、英語のリスニングでは個々の発音がそのまま抵抗なく聞き取れる柔軟な英語脳。

 

 

 

微妙な英語のイントネーションをはじめ、英語の音感を直接習得できる唯一のチャンスでもあるわけです。

 

 

 

中学校から日本人教師によるレッスンではなく。

 

 

 

ピアノの小さい頃のレッスンにも似ているかもしれません。

 

 

 

また、そろばん教室で例えると、小学校低学年から、そろばんの球を、めちゃくちゃ早く指で弾く、あの感覚です。

 

 

 

子供たちが楽しむスマホのゲーム、構えて楽しんではいませんね。ただただ、無邪気に楽しみます。

 

 

 

これは大人になってから修正しがたい発音や、子供が聞き取れても大人が聞き取れない発音だったりします。

 

 

音楽では音感。

 

 

 

ちょうど小さな子供がゲームに慣れるように、習得がいち早くにできることからも分かりますね。

 

 

 

大人が映画を見たり、外国語の人とコミニケーション取る時も発音が分からず

 

 

 

また、簡単な単語でも聞き取れないと言うことが起きているわけです。

 

 

 

そうした意味では、この発音1つとっても子供たちにとっては大きな恩恵、メリットになります。

 

 

 

小さいころにでしか学べない貴重な時期とも言えます。

 

 

 

むしろ、その時期や環境は大人にとってもうらやましい限りの環境なのですね。

 

 

 

その意味では、どんなことでも習い事を始めるタイミングが大切ですね!

 

 

 

一般の家庭でも、毎週好きな時間に外国にホームステイさせることもできにくいでしょうし

 

 

 

外国の家庭で親と子供が会話ができるような環境の中で、英語が学べるのは本当にうらやましい限りです。

 

 

 

子供たちがすくすくと英語を学べる、自然に英語脳が作られ、抵抗なく自然に話せる。

 

 

 

ひいてはコミニケーション力が自然とついていく英語力にもつながっていくのですね。

 

 

英会話だけでなく、英文の読み書きも同時進行できるのがうれしいし、ベルリッツの強みですね。
↓     ↓
ベルリッツキッズ

 

 

 

ベルリッツのキッズ英会話は他の英会話スクールとどこが違う?

 

 

 

子供向けの英会話スクールは、星の数ほどあるでしょうが、他の英会話スクールと一体どこが違うのか見ていきましょう。

 

 

 

もちろん、それぞれの子供向け英会話学校は良さがあるのは前提になります。

 

 

 

今回は、ベルリッツのキッズ英会話では下記のように多彩な環境が用意されています。

 

 

 

子供向けの英会話だけでなく、これまでつちかわれてきた、中学、高校、大学、ビジネス、資格取得など幅広い分野に、プロの先生が多数そろい、色々なレベルの実践英語に即した実績があるからなのです。

 

 

 

その中の一つに、4歳〜低学年の小学生にも対応した、子供向け英会話にも、そのノウハウが十分に生かせされています。

 

ベルリッツキッズ

 

 

他の英会話スクールとの違いその1

 

 

子供たち、一人ひとりの話す会話、実際にしゃべる量や時間に力を入れています。

 

 

 

まずは子供たちの口から言葉を発する練習や発話する量を最も大切にしています。

 

 

 

それは何故か?

 

 

 

まずはどんなことでも自然と話せるようになる環境を用意しているからです。

 

 

 

子供たちを熟知した専門の先生が直接英語で話したり、コミニケーションをとる感性は、自然と子供の発話しやすい英語力づくりに役立っているからです。

 

 

 

他の英会話スクールと違いその2

 

 

 

英単語を単発で話すことや、英単語をくっつけただけの会話ではなく

 

 

 

ちゃんとした文章で話せる習慣を身につけられるように、自然と文法の流れを体得したり、英会話や読み書きの習慣がつくように進めているからです。

 

 

 

それは日本の低学年の小学校で、日本語の文字を紙に書いたりするのと同じですね。

 

 

 

他の英会話スクールとの違いその3

 

 

 

子供の英語脳を理解した外国のプロ教師が、すべて英語で子供たちとコミニケーションをうまくとれるように自然に接している機会をつくっていて

 

 

 

あたかも外国の家庭にいるかのように、どっぷりとした英語の話せる環境に身を置いている貴重な時間が大きなメリットになります。

 

 

 

この環境はとても大切で、一般的な英会話教室では日本語と英語も交えて話すと言う環境を、あえて取り除いています。

 

 

 

子供の時期にしか取れない機会と時間をつくる中で、子供たちも英語で話すことが当たり前の、英語を話すことが普通になることに役立っています。

 

 

 

他の英会話スクールと違いその4

 

 

 

子供たちの年齢や学年、子供たちの学習レベルに応じて、1人対1人のマンツーマンや、最大3人までの子供達と一緒に英会話レッスンコースが選べます。

 

 

 

そのため、子供たちに応じた英語力を身に付ける機会と英語の時間が希望に応じて使えます。

 

 

 

それは英語で話せる環境がある英会話レッスンは、子供たちの英語力をつげる過程と成長の可能性を大きく広げます。

 

 

 

英語を最初に学ぶには、あれこれ手を広げないで、一点集中が英語習得の近道ですね。

 

 

しかも正しい英語の質と量を浴びる。読み・書きも押さられるのはうらやましい。

 

 

ベルリッツの子供英会話の話す量が、実際のところどうなのか見てみる!
↓    ↓
ベルリッツキッズ